汗疹になった時にはどんなケアが必要か。経験から学んだ事

夏は肌の弱くない赤ちゃんでもあせもになります。
特にオムツのゴムのところや、背中など汗をかきやすい所は要注意です。

汗は放っておかないで、しつこいくらい拭く

汗ってすぐ乾くからといって放っておく時もあるのですがそれがあせもをより悪化させるので、とにかく汗をかいたら拭くことを習慣づけるのが一番だと思います。
ティーシャツなんかは夏の時は2、3枚替えをもって出かけないとビチャビチャになってしまいます。
それを放っておけばお風呂上りにかゆがってあせもができていたりします。
怖いのが周辺をかき壊してとびひになる事です。

うちの子供の場合はとびひにはなりませんでしたが長男が特に肌が悪く、涙を拭かないでおくと塩気で肌が荒れます。
汗も塩気なので、あせもがある所にまた汗をかいたらピリピリしてしまうのでとにかく拭く事が大切です。
夏は海に入ると痛がりますが、海の塩はあせもには良いと言われているので海で洗ったり、お風呂に塩を入れても良いです。
また温泉水も効果的ですが、私は手に入らなかったので海で泳がせました。

あせもができないようにベビーパウダーや汗取りパッドを使う

シッカロールは傷やあせもができてしまっている時には使えませんが、できていない段階の肌に予防として使うのはかなりおすすめです。
汗をかきにくいサラサラパウダーなので、子供もすごく気持ち良いみたいで好きでした。
また赤ちゃん時代はベビーカーに乗せると背中部分に凄く汗をかいてしまうので、
背中に汗取りパッドを入れて散歩などに出かけていました。

今のベビーカーはとても優秀ですが、背中の汗は必ずかきます。
背中は自分でかけないので、夜中なんかにむずがって泣く事があります。
長男も次男も乾燥肌で肌は弱い方ですが、あせもにはステロイドは使用しないで市販のものとこまめに汗を拭くという対処だけで済みました。
ひどくなりすぎたら小児科や皮膚科で診てもらうのが良いと思いますが、室内はエアコンをつけるなどの対処で乗り切れると思います。

関連記事

赤ちゃんの頭に白いブツブツが出来た時に私が行ったケアの仕方

おっぱいと子供のアトピーって何か関わりがある?

薬にもつけ方のタイミングがあります。私が実際に体験した事

私も気になったステロイド。使い方次第では強い味方